脱毛 iラインのケア

Vライン脱毛を受ける時の体勢

 

Vライン脱毛を受ける時の体勢
O&Vライン脱毛の基礎知識では最後になります、今回は『Vライン脱毛を受ける時の体勢』です。

 

Vラインは脱毛人口も多いでしょうから、これを読んで頂いている方の中でも脱毛を受けた事がある方がいらっしゃるかもしれませんね。Vラインの脱毛の時はベットに横になり、足を肩幅程度に軽く開いて行います。

 

ですので今までiライン・Oラインとお話してきましたが、今回のVラインが一番楽な体勢ではないかな、と思います。iラインのように性器が見えちゃう!なんて事もOラインのようにお尻の穴が…なんてこともないですから。

 

また下着ですが、付けるのが一般的です。

 

そういえば下着について今まで書いなかったような気がします(書いてたらすみません)のでここでまとめてお話しますが、iラインのときも下着は付けます。iでもOでもVでも大体Tバックタイプのもののようですが、履いている下着をずらしてレーザーやフラッシュを照射して脱毛をしていきます。

 

この時履く下着はサロンが用意してくれる紙パンツのものであったり、事前に自分で用意しておくよう言われる場合もあります。

 

サロンが用意してくれる場合はいいのですが、自分で用意する場合は脱毛時に塗るクリームやジェルで汚れることもありますので、勝負パンツなど大事な下着は履かないほうがいいです。リボンやフリルなどの飾りもあったら邪魔ですので、出来るだけシンプルなデザインのものを用意しておきましょう。下着を自分で用意する場合は、脱毛前のカウンセリングでどんなものがいいかサロンスタッフさんが教えてくれますので、そこでしっかり話を聞いておいて下さいね。

 

 

>>>人気のミュゼプラチナム店舗情報はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ