脱毛 iラインのケア

 

 

無駄毛を気にする機会が多い足。足の無駄毛は腕よりも濃い方が多く、今では夏でも冬でも季節を問わず露出する機会の多い部位ですので、無駄毛の処理も大変ですよね。

 

無駄毛の処理でも毛抜きで一本一本抜くのは広範囲な足では大変ですし、かみそりは肌を傷つける危険性があります。電気シェーバーが自分でする脱毛では一番安心と言えますが、それでもしょっちゅう脱毛を行わなければならないわずらわしさは解消できません。

 

そして忘れてはならないのが、足の無駄毛を自己処理していく過程でできる埋没毛。これは非常に厄介な存在ですよね。埋没毛は自分で毛を表に出して処理するのは難しいですし、だからといって放っておくのは見た目的によろしくありません。

 

そんな無駄毛の自己処理をする上での様々な悩みを解消するために足の脱毛を行う方も増えてきているそうです。

 

もちろんサロンや医療機関で行う脱毛ですから、脱毛後の足は自己処理したのとは比べ物にならない位つるつるすべすべです。

 

ですが足も腕と同じく脱毛の際注意する事があります。その内容はほとんど腕と同じで、脱毛後の日焼けに気をつける事、脱毛後に出る毛穴に残る毛、の二点です。この二つは腕の脱毛でお話したとおりの注意点ですので、気になった方はよかったら腕の所を読んでみて下さいね。

 

そして今回上記二つの点にもうひとつ付け加えて、脱毛前の日焼けに注意、という点を挙げておきます。

 

これは何故かと言いますと、今医療機関やサロンで主に行われている脱毛はレーザー脱毛と光脱毛です。この二つの脱毛技術は、毛の黒に反応して光やレーザーを当てますので、脱毛する部分に日焼けや色素沈着があるとその肌部分にも反応してしまい、火傷などの症状を起こしてしまう事があるのです。

 

この注意点は同じ理由で腕にも当てはまりますので、これから脱毛をお考えの方は日焼けしないよう気をつけておいて下さいね。

 

>>>人気のミュゼプラチナム店舗情報はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ