脱毛 iラインのケア

 


サロンで脱毛をされている人の中ではされた事のある方が多い部位である腕。腕は人目に非常につきやすい部位ですから、自分で脱毛するにしてもしょっちゅう脱毛をしなければならなくとても大変ですよね。

 

ですのでサロンでの光脱毛や医療機関でのレーザー脱毛でも腕はとても人気のある部位であり、脱毛メニューにも数多くの店舗で載っています。

 

そんな腕の脱毛について今回はお話していきますが、まずは腕の脱毛をするときの注意点からお話していこうと思います。

 

まず腕の脱毛をサロンや医療機関で行うと、光脱毛かレーザー脱毛になる場合が多いです。両者とも毛穴に光やレーザーを当てて脱毛を行う技術ですので、脱毛後の肌は軽いやけどのような状態になり非常に敏感になります。なので脱毛後は日焼けには要注意で、普段よりしっかりと日焼け止めを塗るなり、長袖を着るなりしなければなりません。

 

また脱毛後は今まで生えていた毛が死滅し、脱毛前が短い毛だった場合毛穴に毛が残り黒いぷつぷつとした状態になる事が多いです(長い毛の場合、そのままするっと抜けることもあります)。その状態は毛が自然と抜け落ちるまで放っておかなければいけませんので、半袖やノースリーブを着る機会が多い夏場は脱毛は止めておいたほうがいいかもしれません。

 

気にならない方はいいのですが、腕の毛穴に毛が残り、ぷつぷつとしている状態はちょっと見た目がよろしくありませんので、腕の脱毛をお考えの方はその辺りも覚えておいたほうがいいでしょう。

 

最後に実際腕の脱毛をする際のお話ですが、まず前日か前々日までに脱毛する部分の毛を剃っておきます。そうして脱毛当日サロンへ行き、脱毛を行います。腕の脱毛は範囲が広いので脱毛する範囲にもよりますが、脇などよりも脱毛にかかる時間は長くなりますので、脱毛当日他に予定をいれている人は時間に余裕をもって予定を立てておいたほうがいいですよ。

 

そのほか不安な点は脱毛前のカウンセリングでしっかりと聞いておきましょうね。後悔の無い脱毛になるよう、事前の打ち合わせはとっても大事です。

 

>>>人気のミュゼプラチナム店舗情報はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ